こんなに簡単だったのか!PC画面を録画して無料でGifアニメを作成!

SHARE

こんなに簡単だったのか!PC画面を録画して無料でGifアニメを作成!

いろんな方のブログを閲覧しているとGifアニメなどを取り入れているのをたまに見かけます。

 

Youtube動画などを使うまでもないちょっとした説明だけど、画像と言葉だけでは伝えにくいことってありますよね。

そんな時に、PC画面をキャプチャしたGifアニメっていうのはものすごくわかりやすいし便利です。

 

Gifアニメを作成するのは難しいのかな?

有料のソフトがいるのかな?

と思っていたのですが、ものすごく簡単にしかも無料で作れることが分かりました!

 

 

ステップ1:Screen To Gifをダウンロード

PC画面をキャプチャしてGifアニメにするソフトはいくつかあったのですが、
日本語対応で撮影後にGifの編集ができるという点で「Screen To Gif」がよさそうでした。

Screen To Gif公式ダウンロードサイト

 

ダウンロードボタンが分かりやすい場所にありますので、クリックしてダウンロードします。

 

Zipファイルにてダウンロードされますので解凍しましょう。

「ScreenToGif.exe」という名前のアプリケーションをダブルクリックで起動しましょう!

 

ステップ2:Screen To GifでGifアニメを作成する

こんな感じでサクッとできます。

 

画面キャプチャーだけでもいいのですが、4種類の機能があります!
いずれ使用する機会が出てくるかもしれません。

  • 「レコーダー」:PC画面キャプチャー
  • 「Webカメラ」:Webカメラキャプチャー
  • 「ホワイトボード」:ホワイトボードをキャプチャー
  • 「エディタ」:Gifアニメを編集

 

基本的な使い方は上のGifアニメの通りで撮影は「記録」を押し、「停止」で終了です。

また、撮影用のウインドウは自由に移動・拡大が可能です。

 

ステップ3:撮影ができたら編集をする

多機能な編集機能が備わっていますので、僕自身まだあまり理解していないのですが、基本的にはカットとサイズ変更、トリミング、テキスト挿入が使えればいいと思います。

 

カット方法

Gif画像はどうしても重くなったしまいますので、無駄な部分はカットしてできるだけ軽くしましょう!

また、余計な部分がないほうが、ユーザーにも優しいですね。

 

まず、最上部のタブを「Home」に選択します。

次に、カットしたいコマを選択します。
そして、ハサミのボタンでカットすればOK。

 

サイズ変更、トリミング方法

 

サイトに載せるのに適したサイズに変更しましょう。
サイズ変更と同時にトリミングもすれば、軽くすることができます!

 

まず、最上部を「画像」のタブを選択。

次にリサイズを選択。
そして、変更サイズを入力して適用を押しましょう。

また、リサイズの横のクロップを押せばトリミングができます。

 

テキスト挿入

Gifアニメ上にテキストも挿入できますので、必要であれば使用しましょう。

 

まず、「画像」のタブを選択。

次に、「テキスト入力」を選択。(隣接するキャプションなどでも文字入れ可能です)
そして、テキストを入力、設定を行い、適用を押せば反映されます。

 

編集したGifアニメを保存

まず、「ファイル」のタブを選択。

次に、「Save as」を選択。
そして、ファイル場所とファイル名を入力し、「Save」を押せば出来上がります!

 

ステップ4:Gifアニメを圧縮する

編集でいらない部分をカットしたとしても、どうしても重くなってしまうのがGifアニメです。

重たいままブログなどにアップすると、ページ表示が遅くなりますので、あまりよくないですね。
スマホから見ているユーザーも多いので、できるだけ画像は軽くしたいです。

そこで、「画像圧縮サイト」を使います。

簡単に説明すると、画像の質はほとんど落とさずに無駄な部分を省き軽くしてくれるというものです。

Gif画像圧縮サイト

 

使い方は簡単です。

サイトにGif画像をドラッグ&ドロップするだけ!

少し待てば圧縮してくれますので、ダウンロードして使いましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少し丁寧に説明をしましたので、パッと見で難しく感じられたかもしれませんが、最初は編集はせずにGifアニメを作ってみてください。

あっという間にできますから!

一度作ってみると面白くなっていろいろ作成してみたくなると思います。
僕もこれから活用していきます。

 

ここで一つ注意ですが、
Gifアニメはここぞというときに使うようにし、何でもかんでも使うのは避けましょいう。

先日、アニメーションが豊富なページを閲覧したのですが、目がちかちかしてすぐに離脱してしまいました。

どうしてもアニメーションなどの技術は多用したくなりますが、
あくまでも「分かりやすくするため」「注目してもらうため」だということを意識して活用していくといいでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です