個人ブランド化PRコンサルタント「渡辺シンスケ」の13の極意とは一体?

The following two tabs change content below.
中村和磨
中村和磨
ワードプレスを最も得意とし、Webマーケティング全般に詳しい。 ネットで効率よく集客をしたい、収益の柱を増やしたいといった方にブログを中心としたマーケティングを教えている。 ※元幼稚園教諭なので、子供を見るとついつい笑顔になってしまう。 ⇒LINE@で詳しいプロフィールをのぞく

こんにちは!中村かずまです。

 

僕はネットビジネスをメインでやっていますが、大阪を拠点に実力者の方と一緒にビジネスさせてもらう機会があります。

 

その一人に、
個人ブランド化PRコンサルタントの「渡辺シンスケ」さんがいます。

渡辺シンスケさんは多くのクライアントさんに本物の個人ブランディングを指導されていて、そのクライアントさんの多くがブランディングに成功し、集客に困らなくなっているとのこと。

 

実は、その渡辺シンスケさんが「個人ブランディング13の極意」を無料で公開されることになったのです。

13の極意を多くの方に知ってもらい役立ててもらえるよう、僕もランディングページやステップメールのなど裏方のお手伝いさせてもらったんです。

 

その製作過程で13の極意の内容を見させてもらったんですが、

 

 

僕は今までブランディングというものを分かっているようで分かっていませんでした。

ですが、この13の極意で、
“本物”と”偽物”のブランディングの違いを理解することができたのです。

 

今回は

  • 何故ブランディングが大事なのか?
  • 渡辺シンスケさんについて

この2点を重点的にお話ししていきます。

 

 

ブログやSNSで売上を上げるために多くの人が行っている過ち

渡辺シンスケさんは、ブログやSNSで以下のことをしていませんか?と言います。

  • ブログはとにかく毎日投稿する
  • Facebookの友達を5000人にする
  • 自分のキャッチコピーや肩書きを考える
  • Facebookでいろんな人の投稿にいいね!しまくる
  • アメブロの読者申請を1000件する

 

これは多くの方が、「やるべきだ!」と考えていることではないでしょうか?

 

これらは渡辺シンスケさん曰く、すべてが不正解だということで
どれか一つでもやってしまうと集客や売上は上がらない!と断言されてます。

 

ただ、間違いにもかかわらずこういった話はよく聞きますよね。

それは、教材として目を引きやすく、なかなか達成することが困難なためクレームが出にくいということがあげられます。

なので、こういった間違った教えがはびこっていたんです。

 

 

少し考えれば間違った教えだと分かるはず

例えば、「Facebookで友達を5000人にする」というものですが、
闇雲に友達を増やしたところで集客・売上を上げることはできません。

 

それは、あなたに全く関係のない薄い人間が友達になっていて効果が出ないからです。

 

いやいや、5000人友達を増やせば、投稿した時により多くの人のニュースフィードに表示されますよね?
と思ってる方も中にはいらっしゃいますが、実際には5000人の友達に自分の投稿が届くことはありません。

 

  • ブログを毎日投稿しようが
  • Facebookで友達を5000人にしようが
  • アメブロで読者申請を1000件しようが

集客・売上があがらないのは
「あなたのことに興味がない」からです。

 

こんな当たり前のことに多くの人たちが気づかないのは、
ネットでなんとなく発信をしていれば興味ある人が勝手に寄ってくるだろうと、ネットビジネスをなめているからではないでしょうか?

 

ネットビジネスも、れっきとした”ビジネス”なので、
本物のブランディングを行い、戦略的にマーケーティングを行っていけば、100%成果が出てしまいます。

 

まずは「本物のブランディング」をすることが重要だということですが、渡辺シンスケさんの提唱するブランディング手法は「本物のブランディング」なのかというところです。

僕自身は、渡辺シンスケさんと直接お会いし、ブランディングについて生の話を聞きましたので、「本物だ!」と強く言えます!

 

ですが、そうは言われても、、、

 

と思われると思います。

なので、まず、「渡辺シンスケ」さんについて少し詳しくお話しします。

 

 

渡辺シンスケさんについて

決められたレールの上は走らない!

渡辺シンスケさんは、経営者家系で育ち、学生時代から雇われという決められたレールの上を走るのではなく自由に生きる人生を歩みたいと思っていたそうです。

そういった考えから就職活動はせず、いろんなアルバイトをして、より自分に合っているものを探していたとのこと。

 

27歳の時、

とあるきっかけで一流ホテルのレストランのウェイターとしてアルバイトを始めることができたそうなのです。

 

 

一流ホテルのウェイターとして

その一流ホテルは、儲かっているホテル、忙しいホテルというわけではなく、皇室の方が宿泊したりするらしく、どれだけ赤字でも潰すことができないホテルだったらしいのです。

 

しかしその数少ないお客様が、

日本を代表する企業の社長だったり、
グラミー賞を取ったアメリカの歌手であったり、
紅白歌合戦の常連歌手だったり、
国民的人気のスポーツ選手などなどの

超一流の方ばかりだったようです。

 

しかも、一流ホテルに来られる方、上客の方のホテルの使い方は
どこで何を食べるか以上に

「誰がいるところで誰と話して食事をするか」

ということでお店の選択をする文化があるそうなのです。

 

つまり、渡辺シンスケさんはホテルマンをしながら、成功者の方々と毎日のように話をする機会が持てたそうなのです。

 

 

成功者は誰しもブランディングをしている

ホテルマン時代の最も衝撃的な出会いを聞いたのでご紹介します。

その方は当時35歳だったのですが、
すでにあの噂のブラックカードというものを
3枚も持っている会社の社長だったそうです。

 

その方にホテルマンとして話をする中で、あることを教えてもらったそうです。

 

それは、

世の中で成功できている人はそれを知っていて実践できているというのです。

 

そこで教えてもらったのが「ブランディング」です。

 

その時、渡辺シンスケさんは「なんだブランディングか」「どこでもあるじゃないか」と内心思っていたそうです。

 

 

一流のブランディングは根本的に違う

ところが、
よく話を聞いていくと渡辺シンスケさんが今まで聞いた見てきたブランディングとは全く違うものだったそうです。

 

「成功者の方がどのようなことを考え、見せ方見られ方を作っているのか」

 

ということが、腑に落ちて理解できたそうです。

 

そこから、渡辺シンスケさんは、ブランディングのことをその社長さんから常に教わるようになり、他の多くの成功者の方から得た考え方や知識をまとめ、

成功者が行っている、成功者の中でしか伝わっていないブランディングを完成

させたそうなのです。

 

 

まずは13の極意を受け取ってください!

いま巷には、

「なんだか変だ・・・」

と感じられる、ブランディングをしている人たちが多数います。

 

もちろん、そういった違和感だらけのブランディングでは上手くいきません。
集客も売上も上がりません。

 

もし、あなたが
「億を稼ぐ経営者たちが人知れず行っている個人ブランディング」

を学んでみたいということであれば、
渡辺シンスケさんの「個人ブランディング13の極意」を受け取ってください。

役に立ったコンテンツはシェアできます

ワードプレスの設置をプロに全てお任せ!
ワードプレス設置代行サービス


ワードプレスでブログを作ってみたいけど、初めてのことだから右も左も分からない・・・

とお困りのあなたへピッタリの「ワードプレス設置代行サービス」です!


・なるべく費用を抑えて設置したい。
・ブログに必要最低限の機能を入れておいてほしい。
・記事を書くことだけに集中したいので、初期設定、SEO対策やら何までお任せしたい!

私のワードプレスノウハウを余すとこなく詰め込んで完成させたサービスです。
業者よりも安く、サービスが充実している!と自負しています。

ABOUTこの記事をかいた人

中村和磨

ワードプレスを最も得意とし、Webマーケティング全般に詳しい。 ネットで効率よく集客をしたい、収益の柱を増やしたいといった方にブログを中心としたマーケティングを教えている。 ※元幼稚園教諭なので、子供を見るとついつい笑顔になってしまう。 ⇒LINE@で詳しいプロフィールをのぞく